遠藤航(撮影:佐野美樹/PICSPORT)

写真拡大 (全7枚)

16日、森保一監督が明言したとおり、ベネズエラ戦の日本代表は守備ライン以外ウルグアイ戦のメンバーと同じになった。ボランチは遠藤航と柴崎岳の2人が務める。

2018年ロシアワールドカップで日本代表のボランチという屋台骨は、ポーランド戦を除けば長谷部誠と柴崎のペアが務めた。森保監督の日本代表戦4試合のうち3試合でボランチを務めた遠藤は、長谷部誠の後継者となることが求められたと言えるだろう。

遠藤は柴崎の特長をどう捉えて、どういうコンビネーションを作ろうとしているのか。

「(柴崎は)ボールを持ったら技術があって、前にパスできる。前に出て行くというプレーもありますが、後ろでゲームを作るというのも特長だと思います」

そんな柴崎の動きに対して、遠藤は柴崎が後ろに位置したとき、自分が前に出て行くようにしているという。

「僕は守備的な選手ですけど、ボールを高い位置で受けてターンして、早く前にパスするというのもやっているので、そう連携は(柴崎との間で)うまくやれていると思います」

「どちらが守備、どちらが攻撃というのはあまり決めずに、お互いが出て行ければ出て行くし、後ろに残ったほうがよければ残るし、後ろでパスを受けるのなら受けるということで、スムーズにポジションチェンジができていると思います」

ウルグアイ戦よりも連携はよくなったと言いつつ、反省も忘れない。改善を考えていたのは攻撃の部分だった。

「守備はよかったと思うんですよ。切り替えの部分ですとか、奪いきるという場面も何回かあったと思います。攻撃もいい形で縦パスを入れられれば、そのままチャンスになっていきましたけど、もう少しその回数を増やしたいと思います」

「相手がマンツーマン気味に来てプレッシャーをかけたとき、結構ワンタッチでボールを後ろにパスすることが多かったと思うんですよ。それをプレッシャーが来る中でもできるだけ前にパスできたりとか、サイドチェンジの長いボールを入れたり、もう少しそういうのはやれると思います」

まだすべてがスムーズとは言えなかったものの、ウルグアイ戦よりもコンビが改善されたのは間違いない。遠藤はボランチの枠の一つを着実に埋めようとしている。

【森雅史/日本蹴球合同会社】

▼ ベネズエラ戦の先発イレブン

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 遠藤航

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 遠藤航

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 杉本健勇

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 中島翔哉

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 堂安律

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)