惜しくもクロスに合わず、悔しがるFW大迫勇也

写真拡大

[11.16 キリンチャレンジカップ 日本1-1ベネズエラ 大分]

 自分自身はシュートゼロに終わったが、チームとしての手応えはあった。森保ジャパン初陣からの4連勝を逃し、初の引き分けという結果に終わったが、日本代表FW大迫勇也(ブレーメン)は「チームとしてはうまく機能していた。相手がいいチームだったのも事実」と指摘。「2点目が取れなかったことが一番の課題。そんなに悲観する内容ではない」とポジティブに受け止めた。

 10月16日のウルグアイ戦(○4-3)から先発3人が変更となったが、中盤から前は不動。大迫は前線で強さと懐の深さを見せ、2列目にはMF中島翔哉、MF南野拓実、MF堂安律という若手トリオが並んだ。

 3人とのコンビネーションについて聞かれた大迫は「そこはあまり意識していない。その3人とだけ絡んでも仕方がない。メディアの方はそこにこだわっているけど、僕はそこまでこだわっていない」と、2列目の3人にばかり注目が集まる現状に対し、違和感を口にした。

「ボールは後ろから出てくる」と指摘する大迫は「(柴崎)岳にしろ、(遠藤)航にしろ、いい縦パスを入れてくれる選手がいる。そこから先はあまり考えずにプレーしている」と、ボランチや最終ラインからの配球を意識し、実際に手応えも感じている。「2点目が入れば、いい試合になったと思うけど、“たられば”になるので。終わったことは切り替えて、またいい準備をするだけ」と、20日のキルギス戦(豊田ス)に切り替えた。

(取材・文 西山紘平)