国際親善試合の日本代表対ベネズエラ代表が11月16日、大分スポーツ公園総合競技場で行なわれた。試合は39分に中島翔哉のFKから酒井宏樹がゴールを挙げて日本が先制し、81分にベネズエラがPKを決めてドローに終わっている。
 
 この試合前に、思わぬハプニングがあった。日本の選手を乗せたバスが渋滞に巻き込まれ、到着時間が遅れてしまったのだ。ゲームは予定通り19時30分にキックオフされたものの、開始40分前に到着した日本はウォーミングアップの時間が削られてしまった。
 
 試合後の会見で森保一監督は、まず渋滞について口を開いた。
「まずは今日、日本代表もベネズエラ代表も、ホテルから大分銀行ドームへ来る途中、渋滞というアクシデントに巻き込まれて、試合を開始することになりました。我々ではなくて、そういう観戦するには難しい状況のなか、我々の試合を見に来て下さったサポーターの皆さんに応援ありがとうございましたとお伝えしたいです。大変な状況のなか、応援に来て下さったサポーターの皆さんに感謝したいと思います」
 そして、予定通りの時間にキックオフをできた舞台裏を明かした。
「我々も渋滞のなか、普通に行っていれば、おそらく試合に間に合わない状況だったと思います。ですが、地元・大分の警察の方々、そしておそらく観戦に来て下さるサポーターの皆様が多くいたと思いますけど、そういう方々が道を開けてくださいました。我々が試合をできる時間に到着させてくださった皆さん、尽力してくださった皆さんに感謝したいと思います。サポートがあって今日のベネズエラとの試合ができたと思いますので、我々に協力してくださった皆様に感謝したいと思います。ありがとうございました」
 
 森保監督は言葉を慎重に選び、心から感謝していた。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本1-1ベネズエラ|酒井宏樹が代表初ゴールもPKで失点。森保ジャパン連勝を「3」でストップ