11月16日、日本代表はキリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦に臨んだ。39分に酒井宏樹の代表初ゴールで均衡を破り、その後も勇猛果敢に攻め込んだ。しかし、2点目を取り切れずにいると、81分に先制点を奪った酒井がPKを献上してしまう。これをトマス・リンコンに決められてドロー決着。森保体制での初陣4連勝を惜しくも逃す結果となった。
 
 試合後、森保一監督はフラッシュインタビューで「追加点を取れなかったのは課題なので、そこはしっかりと勝ち切れるようになっていきたい」とベネズエラ戦を総括した一方で、試合前に起こった前代未聞のアクシデントについても言及。「選手たちがなかなかウォーミングアップもできないなかで、最善の準備をしてくれて、その後に先制点を取ってくれた」と、予期せぬ渋滞に巻き込まれ、試合会場到着がキックオフ30分前になる状況にも動じずに戦った選手たちを賞賛した。
 
 また、キックオフ時間の19時30分に間に合うか否かという状況から、無事に試合が開催できたのは周りの人の協力があったからこそだと感謝の意を表した。
 
「今日、ホテルから来る時に凄く渋滞をしていて、試合開始に間に合わないと思ったところで、大分の警察の方が先導して下さった。恐らく多くのサポーターが試合に間に合わなかったと思いますけど、道を空けて下さって今日の試合ができました。サポーターの皆様や試合開催に尽力してくださった方々に感謝をしたい」
 
 惜しくも大分のサポーターに勝利は届けられなかったが、90分間を通じて全力で戦ったのは間違いない。次は20日のキルギス戦。「勝利を目指して、皆さんにサポーターに喜んでもらえるように準備をしていきたい」と指揮官は話した。

【日本代表PHOTO】日本1-1ベネズエラ|酒井宏樹が代表初ゴールもPKで失点。森保ジャパン連勝を「3」でストップ