中央アフリカのマウンテンゴリラ 絶滅寸前から異例の個体数回復

ざっくり言うと

  • 「絶滅寸前」に分類されていた、中央アフリカのマウンテンゴリラ
  • 国際自然保護連合は15日、危険度の低い「絶滅危機」に再分類した
  • 調査で、異例かつ劇的な個体数回復がみられたためだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x