錦織圭がミスを連発し自滅 自身への怒りでラケット叩きつけ

ざっくり言うと

  • 錦織圭は15日、ATPファイナルの1次リーグ最終戦で、ティエムに敗れた
  • 苦しい展開となり、自身への怒りでラケットを叩きつけるシーンもあった錦織
  • 試合後には、「ほぼ試合にならなかった」と肩を落としていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x