最高裁、「中身知らず」と主張する詐欺受け子を逆転有罪か

ざっくり言うと

  • 宅配便で現金を受け取ったが荷物の中身は知らなかったと主張した「受け子」
  • 詐欺罪に問えるかどうかが争われた刑事裁判で、最高裁は上告審弁論を開いた
  • 通常は二審の結論を変更する際に開かれ、「逆転無罪」が見直される可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x