墜落したインドネシア機 最後4回のフライトで対気速度計が機能せず

ざっくり言うと

  • 墜落したインドネシアの航空機から、データレコーダーが回収された
  • 墜落時を含め、最後の4回のフライトにおけるデータが残されていた
  • データは、対気速度計が正常に機能していなかったことを示していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x