奴隷のような過酷労働が常態化 外国人実習生が労働環境に涙の訴え

ざっくり言うと

  • 12日の野党合同ヒアリングで、外国人実習生たちが労働環境について訴えた
  • 製縫業のカンボジア人は、病気になっても病院へ行かせてもらえないという
  • また「毎月、給料から4万円を強制的に貯金させられていた」とも述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング

x