最近、天然キャラが受けてバラエティーにひっぱりだこなのが、ジャニーズのKing&Prince平野紫耀だ。「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(TBS系)でお金持ちの御曹司・神楽木司役で王子様キャラだったが、いまではすっかり天然キャラ扱いでイジられている。

この日のテーマは「トリオTHEド庶民時々お嬢様」だったが、平野は、藤田ニコル、佐藤仁美とともに「トリオTHEド庶民」として登場し、クリスマスのエピソードで「中学のときにアクセサリーが欲しいです」とサンタさんにお願いをしたら、「次の日枕元にうまい棒(駄菓子)がおいてあった」とか、「5円玉をよく食べていた」とか、「お弁当のおかずが、しなしなの唐揚げ、ベッチョベチョの白米だった」というような貧乏エピソードを語っていた。

しかも、母親がヤンキーで紫が好きだったから名前に紫が入っているなどとも。なんでもあけすけに話す平野。この屈託の無さが人気の所以か。

お嬢様のエピソードもなかなか興味深い。名古屋のお嬢様学校、金城学院出身の「えり」が、中学からの持ちあがりは『純金』、大学から入ってきた子は『メッキ』と呼ばれるとか、同窓会「みどり野会」が結婚相手を紹介しているなどと語ったり、ペニシュラホテルの2を父親に持つコルファー羽鳥ジュリアの友人たちとの豪遊ぶりを自慢したり、本当なのかと疑いたくなるところ多数。

「イッテQ」のヤラセ疑惑発覚で、日テレの番組をつい色眼鏡でみてしまう。いかん、いかん。(放送2018年11月7日21時〜)

(白蘭)