徴用工問題 原告側が新日鉄住金本社を訪れ賠償命令の要請

ざっくり言うと

  • 徴用工の問題を巡って、韓国側の弁護士や支援団体が新日鉄住金本社を訪れた
  • 原告側は新日鉄に対し、判決に従ってすみやかに賠償命令を履行するよう要請
  • 一方の新日鉄は態度を明らかにせず「適切に対応するとしか言えない」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x