画像提供:マイナビニュース

写真拡大

この秋の新型iPhoneの登場でラインアップから外れた「iPhone X」の人気が急上昇しています。「最新のiPhone XSとあまりスペックが変わらないのに3万〜4万円も安く買える」という点が注目され、新品同様の中古品を求める人が中古ショップに続々と足を運んでいるからです。

○iPhone XSの販売開始後、iPhone Xの中古品が売れ出した

アップルの新しいiPhoneが出そろいました。処理性能やカメラ機能を高めた「iPhone XS」、6.5インチもの大型有機ELパネルを採用した「iPhone XS Max」、6色のカラーバリエーションを擁する「iPhone XR」の3機種です。

アキバの中古ショップにもこれらの新機種が早くも入荷し始めていますが、意外にも今回の新機種と入れ替わりで姿を消した2017年のフラッグシップモデル「iPhone X」が好調に売れています。中古スマホを扱うイオシス アキバ中央通店の高野裕志氏は「9月末〜10月末までのひと月の間に、イオシスでは500台以上のiPhone Xを販売した」と胸を張ります。

iPhone Xが売れている大きな理由は、新型iPhoneの販売開始を受けて中古市場での相場が下落し、値ごろ感が高まったことにあります。新型iPhoneの販売開始前と比べると、iPhone Xの価格は5〜20%ほど下落し、5,000円〜1万数千円ほど安くなりました。この価格変動を受けて、同容量のiPhone XSの新品と比べると3万〜4万円も安く入手できます。

▼iPhone X(64GB、SIMフリー版)の中古品の価格推移

【9月中旬】89,800円〜99,800円(税込)

【10月下旬】72,800円〜89,800円(税込)

※iPhone XS(64GB、SIMフリー版)の新品は112,800円(税別)

▼iPhone X(256GB、SIMフリー版)の中古品の価格推移

【9月中旬】99,800円〜104,800円(税込)

【10月下旬】82,800円〜99,800円(税込)

※iPhone XS(256GB、SIMフリー版)の新品は129,800円(税別)

中古品といっても、Aランクなどの新同品ならばキズや使用感もほとんどなく、ほとんど新品と同じコンディションで安心して使えます。逆に、キズや汚れが目立つCランクなどの並品ならば、新同品よりも2万円ほど安い8万円前後で買える商品も。もし背面や側面に目立つキズがあっても、ケースを装着すれば気にならなくなります。

旧モデルのiPhone Xと新モデルのiPhone XSですが、大きな違いはおもに「SoC(CPU)の性能」「カメラ性能」「防水性能」の3つといえます。「美しい表示の5.8インチ有機ELパネルはどちらも同じ。iPhone Xでも十分すぎるスペックを持っており、ゲームなどのアプリの利用もまったく問題ない。この価格差ならば、iPhone Xの中古品や未使用品がおすすめ」と高野氏はiPhone Xのコストパフォーマンスの高さを評価します。

○SIMロック解除すれば買い取り金額が2割増しに!?

値ごろ感が増したiPhone Xをより安く購入するための方法として、高野氏は「現在使っている古いiPhoneを買い取りに出すのが一番」と説明します。人気のiPhoneはもともと買い取り価格が高いのですが、ボディーが防塵防滴になったりApple Payに対応したiPhone 7以降の機種は現在でも不満なく使えることから、かなり高めの価格で買い取ってくれます。

加えて、高野氏は「買い取りに出すなら、SIMロック解除してSIMフリー化すべき。買い取り価格が2割は高くなる」とも付け加えました。キャリアが販売するiPhoneは、そのキャリアのSIMカードしか使えないSIMロック状態になっています。しかし、SIMロック解除をすれば、キャリアを問わずに利用できるようになります。販売店にとっても、購買層が限定されるSIMロック端末よりも、価格が多少割高でも売れるSIMフリー端末のほうが欲しいため、おのずと買い取り価格も高くなるわけです。

端末を購入したキャリアとの契約が続いていて、端末の購入から100日が経過していれば(端末代金を一括払いした場合はその日から)、キャリアのWebサイトから手続きすることで無料でSIMフリー化できます(キャリアのショップで手続きする場合は3,000円の手数料が必要)。ちょっとの手間で買い取り価格が2割増しになるのであれば、SIMロック解除をしない手はありません。

現在、iPhone 7の32GBモデルを使っていて、iPhone Xの64GBモデルに乗り換えたいとします。iPhone 7をSIMフリー化して買い取りに出すと最大35,000円で買い取ってくれるので、79,800円の中古iPhone Xを購入する際の差額は45,000円ほどで済みます。5万円未満の出費で、最新のiPhone XSとほぼ同等の機能を持ち、メモリー容量も倍になるiPhone Xに乗り換えられるのは、なかなか魅力的といえます。契約しているキャリアの契約更新期間に合わせて、各社MVNOやワイモバイルなどのサブブランドにMNPすれば、毎月の利用料金もグッと下げられます。