デルマルーヴル

写真拡大 (全2枚)

10日、東京競馬場で行われた9R・オキザリス賞(2歳500万下・ダ1400m)で1番人気、C.ルメール騎乗、デルマルーヴル(牡2・美浦・戸田博文)が快勝した。1馬身差の2着に2番人気のナンヨーイザヨイ(牡2・栗東・松永幹夫)、3着にショウナンガナドル(牡2・美浦・和田勇介)が入った。勝ちタイムは1:24.4(稍重)。

【エリザベス女王杯】ノームコア 鞍上ルメールは大きな魅力

ルメール本日4勝目と絶好調

デルマルーヴルとルメール騎手

デルマルーヴルがゴール前鋭い末脚を発揮して2連勝を決めた。スタートで挟まれ加減となり後方の最内からじっくりとレースを進めた。直線へ向いて追い出されるも、中々スペースが見つからなかったが、ラスト1ハロンで狭いスペースを抜けてくると、先に抜け出した2着馬を一気にかわした。抜けて来れなかった分溜まったのか、ゴール前の脚は際立っていた。

デルマルーヴル 3戦2勝
(牡2・美浦・戸田博文)
父:パイロ
母:カリビアンロマンス
母父:コマンズ
馬主:浅沼廣幸
生産者:坂東牧場