「薬物防止」呼びかける講師の住職 覚醒剤使用の疑いで逮捕

ざっくり言うと

  • 九州厚生局・麻薬取締部は9日、北九州市の57歳の住職を逮捕したと発表した
  • 10月に自宅で覚醒剤を使用した疑いで、住職は容疑を認めているという
  • また、住職は子どもたちに薬物の乱用防止を呼びかける講師認定を受けていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x