映画『空母いぶき』かわぐちかいじ原作コミック実写化、西島秀俊&佐々木蔵之介が危機に立ち向かう自衛官に

写真拡大

かわぐちかいじのベストセラーコミック『空母いぶき』が実写映画化され、2019年5月24日(金)に全国で公開される。西島秀俊、佐々木蔵之介が共演。

かわぐちかいじの累計500万部突破コミックを実写化

原作『空母いぶき』は、『沈黙の艦隊』『ジパング』など話題作を手掛けてきたかわぐちかいじによる、累計500万部突破のベストセラーコミック。2014年より『ビッグコミック』にて連載がスタートし現在も継続中の人気作だ。

オリジナルのストーリーで綴る、熱き戦い

映画化に伴い、映画『空母いぶき』ではオリジナルの設定で展開。航空機搭載型護衛艦《いぶき》とその乗員たちを中心に、政府、メディア、そして国民たちが、それぞれの立場・思いで、この国が保ち続けた“平和”を守ろうとする熱き闘いを繰り広げる。

そのとき、彼らは何を考えどのような選択をするのか…。この映画が捉えるのは、登場人物一人一人の決断が作る「明日の日本の姿」である。

ストーリー

20XX年12月23日未明ー日本を未曾有の事態が襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸。わが国の領土が占領された。

直ちに現場へ駆けつけたのは、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》率いる第5護衛隊群。艦長・秋津竜太一佐(西島秀俊)と副長・新波歳也二佐(佐々木蔵之介)率いる第5護衛隊群が、現場海域へと向かうと、待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には、敵の空母艦隊の姿も。

想定を越えた戦闘状態に突入していく中、政府はついに「防衛出動」を発令。ここから、戦後日本が経験したことのない24時間から始まる。息もつかせぬ、手に汗握るドラマの先に待っているものとは…。

西島秀俊×佐々木蔵之介が共演

主演・西島秀俊と佐々木蔵之介は対象的なキャラクターで描かれる。『人魚の眠る家』『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の西島秀俊が演じるのは、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「空母いぶき」の艦長・秋津竜太一佐。元航空自衛隊のエースパイロットでありながら、最年少の一佐として海上自衛隊に転属し艦長に抜擢。平和のためには武力の行使も辞さないという覚悟を貫いている。

一方、『嘘八百』『超高速!参勤交代 リターンズ』の佐々木蔵之介が演じる、新波歳也は海上自衛隊一筋。正当防衛以外の攻撃は封印することを信念にもち「空母いぶき」の副長として秋津の下につく。

苦悩の中で対立する2人だが、実は防衛大学同期でトップを争った古くからの仲間だった。

西島秀俊×佐々木蔵之介にインタビュー

映画『空母いぶき』の公開に先駆け、西島秀俊×佐々木蔵之介にインタビューを行った。

Q.西島さんは、演じられた艦長・秋津竜太をどのような人物だと捉えていますか。

西島:秋津は元エースパイロット。実際に空自(=航空自衛隊)の方に色々とお話を聞く機会があったのですが、優秀なパイロットの条件を尋ねてみると、「判断力が早い」こと、そして「素直」であることが条件として挙がってきました。

音速で飛んでいる中で判断をする必要がある。求められるのは、ベストな判断を時間をかけてくだすよりも、ベターな判断を瞬時にくだすこと。そして、上手くいくことを信じて進む、どんな状況でも落ち着いて素直にまっすぐものを見れることが大切だと知りました。

ですから、元パイロットとしてのまっすぐさ、素直さが出ればいいなと。

同時に、秋津は、普通の空自の人とは違う“超人”なのですから。いま起きていることではなく、もっと先を見て常に行動している。すごく特殊な人間であることをうまく表現しようと思いました。

Q.秋津竜太を堀り下げていく中で見つけた、彼の魅力は?

西島:「何か大きな一線を超えるときは、自分の責任にする」という意識があるように僕は捉えました。同じ男として信頼できるなと思いました。

秋津は一切説明しないので、作中では、周りの人たちから「何でこの人、急にこんなこと言うんだろ」って思われています。しかし、パイロットに重責を負わせるとき、誰かに大きなハードルを越えてもらうとき。否応なく超えなくちゃいけない一線になる前に、自分が命令することで責任を自分で負う人物だと感じていました。

佐々木:あのプレッシャーは大変だと思いますよ。海自の中で一人だけ空自の出身。「なんでそんな決断するの?」っていうジャッジをじっとやり続けなくてはいけない。

すごい役と格闘しているなって見ていましたが、動じないところが西島さんの素晴らしいところ。いつも冷静沈着ですよ。ストンと立ってくれている。やはり艦長であり、座長だなと思いました。

Q.佐々木さんは、副長・新波歳也の魅力はどんなところだと思いますか?

佐々木:新波だけではなく、登場人物すべてに言えることですが、それぞれの立場でベスト、よりベターに真摯に向き合っていく姿に心を打たれました。みんな一人ひとりが核を持っている。

Q.新波を演じる際に意識されていたことはありますか。

佐々木:秋津と新波が、はっきり対象的に見えた方がいいかなと考えていました。空自でありながら、空母の艦長 秋津。僕が演じた新波は海自(=海上自衛隊)で、二人は考え方の道筋、行動が全く違う。

難しいのは、対象的であるけど対立しているわけではないところ。もちろん意見の対立はあるのですが、お互い“平和を守る”という同じ目標を持っている。わかり合えていて、信頼し合っている。

その関係性を描くのに、対面に向き合うのではなくて、お互い画面越しに話し合うなど、立ち位置なども現場で話し合っていきました。

西島:蔵之介さんが、新波を情熱的に、感情を表に出すストレートなキャラクターとして作ってくれたので、向き合う役として非常にいやすかった。秋津のことを一番信頼してくれている新波がいてくれたからこそ、どんな状況でも冷静に受け止め、背負わざるを得ないことをきちんと伝える、秋津という役に繋がっていったと思います。

蔵之介さんが素晴らしいのは、演じられた新波の考え方を、ご本人が本当に信じていらっしゃって、その思いが役に投影していること。理想を追求して、ギリギリまで戦闘せずに人命・平和を守るべきなんだって。ご本人の信念が役に乗り移っているなと、日々感じながら演技していました。

Q.佐々木さんはどのように役作りを進めたのでしょうか。

佐々木:僕も、撮影前に護衛艦を拝見させていただきました。艦内に出退勤のカードがあったのですが、「外出」と表示することが、船を出て(自分の)家に帰ること、「帰り」と表示することが、自宅から出て船に戻ることを意味することを学んで。これが海自の考え方なんだ、本当にこうやって暮らしているんだって気付かされました。

海自は家族。なので仲間同士の温かみ、家族、命を大切にする。日本の海自だけの話ではなくて、国境を超えて他の国の海軍も一緒。海で何か事故があればすぐに、人命救助に走る。国境、人種隔たりなく、命を大切にする姿を演じようと考えていて。

劇中で死傷者が出るシーンがあるのですが、台本に記されていたのは「死傷者が出た」という言葉のみ。新波なら、何人死傷者が出たかではない、名前を知りたい、誰かが知りたいと思うはずだと思い「誰だ?」っていうセリフを付け加えさせていただきました。敵機を撃って海に落ちたときも「絶対命を助けろ」と、言わせてくださいと相談しました。

役を演じているのですが、役から何が大切なのかということを教えて貰いました。新波という役に出会ったからこそ、思いついた言葉だなって思いますね。

Q.護衛艦見学は、役作りを手助けしてくれましたか。

西島:はい、いずも(護衛艦)の見学を踏まえて役を作っていきました。一番大きい護衛艦に乗せていただいて、甲板がどのくらいの大きさ・長さなのか、どれだけの人数の人が乗っているのかというのを知りました。普段入れないところまで見せていただき、少し訓練にも参加させて頂きました。

Q.実際に見学して、想像と違うことはありませんでしたか。

西島:みなさんとても人間的だなって。艦長をはじめ、さまざまな人に話を聞いたのですが、聞きづらい質問も快く答えてくださった。お酒を飲みにいくのか、どこに飲みにいくのか、奥様はいらっしゃるのか、お子さんはいらっしゃるのか…といったプライベートなことはもちろん、実際の任務に対する意見も伺えました。

上官の方の前でも、みなさんすごく率直に「私はこう思います」っておっしゃいますし、任務によっては「(その行動が)自分の本心とは違います」とはっきりと口にされる。「これ大丈夫なのかな?」って思うほどそれぞれ意見が違うときもあったのですが、上官の方も「うん、そうか」と部下の意見を聞いていて。

過酷な任務につきながらも、そこで生活をして生きている。みんな冗談も言いますしね(笑)。当たり前のことなんですけど、実際にその人間らしさに触れて見つめ直す部分もありました。

Q.佐々木さんは、護衛艦見学の中で印象に残っていることはありますか?

佐々木:攻撃を受けたときにどうするのか?防御と攻撃の話ばかりだな…と。魚雷が来た時にどうするのか、ミサイルをどう打つのか。「あ…これが自衛隊員の任務なんだ」って改めて気付かされました。護衛艦見学の中で色々と説明をしていただいたのですが、これが仕事かと、目の当たりにすると衝撃的でした。

Q.実生活では経験できないことを演じる中で、苦悩したことはありましたか。

佐々木:自衛隊員の方々が経験したことのないセリフを発することです。劇中で出てくる「防衛出動、発令」ってセリフは、おそらく自衛隊員は発したことがない。

僕が演じた新波も、このシーンでおそらく初めてこの言葉を言う。訓練ではないんですから。そういう感覚をどう芝居にのせるかを常に考えていました。

西島:そうですよね、「この衝撃はどのくらいですか」って尋ねても、実は誰も正解はわからない。だって、実際に(護衛艦にミサイルが)当たったことはないんですから。防衛出動にしても戦後一度も発令されたことはない。誰も経験したことのないことを実際に演じるってそういうことですよね。

映画『空母いぶき』では、それをどれだけリアルに描くかというところにかかっていたと思います。近未来だけどもリアル、SFではない。防衛出動が発令されたら、何が起きて、自衛隊員はどういう問題に直面して、政府やマスコミ、そして一般国民はどのようなことにぶち当たっていくのか。

実際なかなか見えないことですけど、自衛隊員たちは何と直面し、何を考えてどう乗り越えようとするのか。同時にマスコミ、政府、国民とそれぞれの立場から、平和のために何をすべきかというところに向かっていく。

色々な人の意見を聞きながら、みんなで丁寧に作り上げて、手に汗握るそれぞれの戦いをとてもリアルに描けたと思います。

Q.佐々木さんは、振り返ってみて映画『空母いぶき』をどんな作品だと感じていますか。

佐々木:この作品への出演を通して、戦闘と戦争の違い、専守防衛がどういうことなのかなど、国防について考えるきっかけを与えてくれました。ただ、私は観客の方に、日本の国防に関してどう考えて欲しい…とかそういった大きなことを言うつもりは全くありません。

まずは映画をエンターテインメントとして見て頂ければ良いなと思います。そして、もしこれが自分なら、家族や恋人、仲間のために自分はどうするか…という考えるきっかけになればいいかなと。映画館を出た後、いま平和が保たれているなってもう一度改めて感じてもらえればいいかなと思います。

西島:そうですね、手に汗握る戦いを見終わった後には、いまの平和の尊さをきっと実感してもらえると思います。ぜひ劇場に足を運んでいただければと思います。

<第5護衛隊群>メンバー・出演者

西島秀俊、佐々木蔵之介率いる航空機搭載型護護衛艦〈いぶき〉には、豪華俳優陣たちが参加している。

群司令・湧井継治:藤竜也
⇒艦長・秋津、副長・新波の上役にあたる群司令。映画『台風家族』に出演の藤竜也が演じる。
第92飛行群群司令・淵上晋:戸次重幸
⇒〈いぶき〉に搭載された多数の航空機。第92飛行群群司令として統括するのは、映画『恋は雨上がりのように』にも出演した、演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー・戸次重幸。
アルバトロス隊隊長・迫水洋平:市原隼人
⇒〈いぶき〉の航空機にのるパイロット役には市原隼人。隊長としてアルバトロス隊をまとめている。

■護衛艦〈はつゆき〉艦長・瀬戸斉昭:玉木宏
■潜水艦〈はやしお〉艦長・滝隆信:眦萓宏
■護衛艦〈いそかぜ〉艦長・浮船武彦:山内圭哉
⇒〈いぶき〉を囲むようにして進む護衛艦や潜水艦。護衛艦〈はつゆき〉の隊長は、映画『悪と仮面のルール』の玉木宏。潜水艦〈はやしお〉の艦長は眦萓宏。護衛艦〈いそかぜ〉の艦長は山内圭哉。

<第5護衛隊群>そのほかキャスト・出演者
■航空機搭載型護護衛艦〈いぶき〉
船務長・中根和久:村上淳
砲雷長・葛城政直:石田法嗣
アルバトロス隊パイロット・柿沼正人:平埜生成
■護衛艦〈あしたか〉
艦長・浦田鉄人:工藤俊作
■護衛艦〈しらゆき〉
艦長・清家博史:横田栄司
■潜水艦〈はやしお〉
船務長・有澤満彦:堂珍嘉邦
■護衛艦〈いそかぜ〉
砲雷長・岡部隼也:和田正人

■政府関連
内閣総理大臣:垂水慶一郎:佐藤浩市
副総理兼外務大臣:城山宗介:中村育二
アジア太洋州局 局長:沢崎勇作:吉田栄作
官房長官:石渡俊通:益岡徹

原作未登場のキャラクター&出演者

オリジナルストーリーを展開する映画『空母いぶき』ではならではのキャラクターも魅力。
■ネットニュース社 P-Panel
記者・本多裕子:本田翼
⇒直面するに事態に果敢に立ち向かおうとするニュースメディア「P-Panel」の記者・本多裕子は映画『鋼の錬金術師』の本田翼。
P-Panelプロデューサー・晒谷桂子:斉藤由貴
⇒部下である裕子の安否を気遣いながらもその仕事に信頼を寄せる上司・晒谷桂子は斉藤由貴が演じる。
P-Panelディレクター・ 藤堂一馬:片桐仁
P-Panel AD・吉岡真奈:土村芳
■コンビニエンスストア
コンビニエンスストア店長・中野啓一:中井貴一
コンビニエンスストア アルバイト・森山しおり:深川麻衣
⇒元乃木坂46の深川麻衣は、コンビニ店員として登場。コンビニ店長を演じるのは、映画『嘘八百』の中井貴一。
■東邦新聞
東邦新聞記者・田中俊一:小倉久寛

『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』の若松節朗監督

また、監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』『柘榴坂の仇討』など、これまで数々の人間ドラマを描いてきた若松節朗が務める。

【作品情報】

映画『空母いぶき』
公開日:2019年5月24日(金)より全国ロードショー。
出演:西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、眦萓宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、片桐仁、和田正人、石田法嗣、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉、中井貴一、村上淳、吉田栄作、佐々木勝彦、中村育二、益岡徹、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市
脚本:伊藤和典、長谷川康夫
監督:若松節朗
原作・監修:かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)


[写真付きで読む]映画『空母いぶき』かわぐちかいじ原作コミック実写化、西島秀俊&佐々木蔵之介が危機に立ち向かう自衛官に

外部サイト

  • 『任俠学園』西島秀俊×西田敏行のW主演で映画化、今野敏の人気小説シリーズ
  • ミステリー小説『うちの執事が言うことには』実写映画化 - キンプリ永瀬廉主演、清原翔&神宮寺勇太出演
  • 映画『町田くんの世界』石井裕也監督が人気漫画を実写化、岩田剛典・高畑充希・前田敦子が学友に