英国ロックフェス「ダウンロード・フェスティバル」日本初上陸、幕張メッセで19年3月開催

写真拡大

イギリスのロック・ミュージックの祭典「ダウンロード・フェスティバル」が日本初上陸。「ダウンロード ジャパン 2019」が、2019年3月21日(木・祝)、千葉・幕張メッセにて開催される。

「ダウンロード・フェスティバル」とは

「ダウンロード・フェスティバル」は、80年代からロックと関係の深いイギリスのドニントン・パークにて実施されているロック・ミュージックの祭典。5日間に渡る世界最大級のこのキャンプ型ビッグ・フェスには、ロック、パンク、メタル、ハードコア、クラシックロックなど多彩なジャンルのバンドと、数万人ものファンが集う。

参加するアーティストは、ロックやメタルを象徴する世界的バンドから、新人バンドまで様々。これまでにはエーシー・ディーシー(AC/DC)、キッス(KISS)、メタリカ(Metallica)、ブラック・サバス(Black Sabbath)、ザ・プロディジー(The Prodigy)、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against The Machine)、スリップノット(Slipknot)、リンキン・パーク(Linkin Park)などがヘッドライナーを務めてきた。

日本での初開催にはオジー・オズボーンらが参加

日本初上陸となる「ダウンロード ジャパン 2019」の第1弾ラインナップとして発表された参加アーティストは5組。イギリスのロックバンド「ブラック・サバス」で長きに渡りヴォーカルを務めソロ・アーティストとしても活躍するオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)、スラッシュ・メタルという新しいジャンルの確立に貢献し、"スラッシュ・メタル四天王"としてシーンに君臨するスレイヤー(Slayer)、アンスラックス(ANTHRAX)らが、圧巻のパフォーマンスを披露する。

参加アーティスト情報などの詳細は、今後も追加発表される予定だ。

【詳細】
「ダウンロード ジャパン 2019」
開催日:2019年3月21日(木・祝) OPEN9:30/START10:30
場所:幕張メッセ国際展示場9〜11
住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
参加アーティスト:Ozzy Osbourne/Slayer/ARCH ENEMY/ANTHRAX/Halestorm ほか

チケット一般発売日:1月12日(土)
ファミリーマート先着先行:11月5日(月)00:00〜11月11日(木)23:59
※チケット詳細は公式サイト(https://www.downloadfestivaljapan.com/ja)を確認。
チケット価格:
・スタンディング 16,500円(税込)※1ドリンク代別途必要
・VIP チケット 30,000円(税込)※立見、入場チケット+VIP特典
※先行予約で完売となる場合がある。その際一般発売はしない。
VIP チケット特典内容:専用ビューイングエリア(スタンディング)※エリア詳細は調整中。車イスの人でVIPチケットを購入した場合、専用ビューイングエリアは利用できない場合がある。/専用入場レーン/物販ファストレーン/専用クローク(無料・出し入れ自由)/1ドリンク付/VIPラミネート(当日入場時配布)
※未就学児の入場は必ず保護者同伴の上、保護者1名につき児童1名のみ入場可(但し入場エリア制限あり、前方への立入り禁止)
※出演ラインナップ変更による払い戻しはしない。
[写真付きで読む]英国ロックフェス「ダウンロード・フェスティバル」日本初上陸、幕張メッセで19年3月開催

外部サイト

  • 入場無料の野外音楽フェス「トヨタロックフェスティバル 2018」を愛知・豊田スタジアム外周で
  • フジロック'18 - ボブ・ディラン、ケンドリック・ラマーやファレル率いるN.E.R.D出演
  • サマーソニック 2018 - ノエル・ギャラガー&ベックがヘッドライナーに