朝食抜くと体内時計が狂い肥満につながると発表 食事の量に差はなし

ざっくり言うと

  • 朝食を抜くと体内時計が狂い、肥満につながりやすいと発表された
  • 片方のラットは活動開始時に食事を与え、もう片方は食事を4時間遅らせ実験
  • 食事の量に差はなかったが、後者は脂肪が増え、前者よりも体重が増加した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x