アライグマを安易に飼い「流血の日々」 手放さなかった8年10カ月

ざっくり言うと

  • アライグマを甘い考えで飼い、流血の日々を経験した作家・さとうまきこ氏
  • 生後2カ月のときに購入後、次第に野生の顔を見せ、爪が突き刺さり流血も
  • それでも家族の一員として8年10カ月間をともに暮らし、最期をみとったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング