小3から不登校「学校で学ぶ必要」を感じ慶応大学へ進学した青年

ざっくり言うと

  • 小3から不登校だった18歳の青年が今春、慶応大学に入学した
  • プログラミングを始めたことを機に、「学校で学ぶ必要」を見いだしたという
  • 少人数の授業は面白く、苦手な科目もプログラミングのためと頑張っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x