埼玉県で留置場に勾留されていた容疑者が死亡 食事中に異変起こす

ざっくり言うと

  • 覚せい剤所持の疑いで逮捕され、留置場に勾留されていた容疑者の46歳の男
  • 埼玉県警は4日、男が食事中に苦しみだし、搬送先で死亡したと発表した
  • 死因は不明で、今後解剖して調べるとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x