文字通りの完敗だった。アジアU-19選手権準決勝、サウジアラビアと対峙した日本は攻守に機能不全に陥って前半に2失点。後半は反撃を見せたものの、繰り出す刃は最後まで相手に届かず。0-2のまま逃げ切られ、アジア連覇の道は断たれた。
 
 ピッチ外から試合を見守ることとなった主将のMF齊藤未月が「今の僕らとは力の差があったと思う」と率直に認めたように、相手のサウジアラビアが一枚も二枚も上だったのは確かだろう。前線からのプレッシングは個々の身体能力の高さに加えて連動性もあり、日本のビルドアップを序盤から壊乱状態に陥れた。
 
 日本はこの日、立ち上がりから3-4-2-1システムを採用。これはサウジアラビアの強力攻撃陣に対応するための術策であり、「より日本の良さを押し出すため」(影山雅永監督)の選択だったが、指揮官の意図したようには機能しなかった。もともと今大会ではCBを増やして守備固めに入る状況で使われていたこともあり、このシステムの採用で守備的なイメージが選手たちのなかで強まり過ぎた部分もあったかもしれない。
 
「私の思うとおりにはならなかった」
 
 試合後、影山監督がそう言って肩を落としたように、相手に押し込まれて5バックになり、全体に後ろに重くなってしまい、攻めの糸口がつかめず。1対1の戦いにさらされるなか、個の戦いで負けが相次いでしまったこともあり、試合の流れを完全に失った。
 
「あの苦しい時間帯で耐えないといけなかった」と振り返ったのはDF石原広教だが、準々決勝から先発メンバー9名を入れ替えたために(安部裕葵はACL決勝のため帰国)、齊藤ら主力選手がベンチにいた影響があったのも否めない。そして29分、カウンターからミスが絡んで喫した失点はチーム全体の心理面に及ぼした影響も深刻だった。パニックに近かったのかもしれない。
 
 ここから日本は荻原拓也を左MF、石原を左サイドバックに回した4-4-2にシフトチェンジ。なんとか修正を図ったが、影山監督も「あれだけモビリティとランニングをされた時、(DFを)4枚にするのはさらにリスクがある」と認めたように、守備面を考えればこれもまた際どい選択だった。もちろん、攻守で後ろ向きのプレーが増えていた中で活を入れるための荒療治でもある。
 これで内容面も上向いたかに見えたが、アディショナルタイムに落とし穴。左サイドからの突破を許しての失点で万事休す。2点のビハインドは重く、相手にボールを支配されて足を使い過ぎていた影響もあり、MF久保建英が入って攻撃の打開点が作られた後半は内容面で大幅に改善したものの、スコアを動かすことはできなかった。
 
 試合としては力負けの印象も強く、単純に相手のサウジアラビアが手強い相手だったということは確かだろう。9月のメキシコ遠征の親善試合で対戦している「U-19ブラジル代表より強い」という声も複数聞かれたほど。選手やスタッフの実感としても公式戦で当たるサウジアラビアは、親善試合のブラジルより手強く感じられたわけだ。
 
 ただ、前U-20日本代表監督である内山篤団長が「世界大会に行けば、あれを上回る個はいくらでもいるし、サウジアラビアの攻撃も、世界大会なら欧州や南米の代表国ならきっと止めるよ。彼らだって3戦全敗かもしれない」と指摘したように、基準を変えれば見方も変わる。アジア基準で言えば、サウジアラビアのクオリティは抜きん出たものがあったわけだが、世界基準からいけば、そうでもない。そうした「基準」が提示されたことはポジティブに捉えたい。
 
「僕らは『タレント集団』なんて皆さんから言われていましたけれど、それは日本におけるタレントなのか、世界におけるタレントなのか。アジアの基準で言えば、サウジアラビアはタレント多いですよね。でも、本当に世界で戦えるタレントなのか。もっともっと日本の基準を上げて、『世界で戦えるタレント』と言われる選手を増やす必要がある」(影山監督)
 
 正直言って楽勝な試合もある中で世界への出場権を獲得した流れで迎えた準決勝。そこでガツンと一発殴られるようなショッキングな試合内容の敗戦を経験したこと、それによって半年後に向けてもう一度謙虚になって成長していく必要性を実感できたことは悪いことではないとも思う。上へ行く選手というのはこうした悔しさを糧にできる選手たちでもあるし、自分の成長に対してどん欲な選手である。
 
「世界大会まで半年しかないけれど、そこで優勝するためには、一人ひとりがもっともっと自分を磨かないといけない」
 
 そう言ったのは、準決勝に出場せずに敗戦を見届けた主将の齊藤だった。まずはそれぞれがJリーグの試合に継続して出場する立場をチーム内で掴み、そこで戦いながら自分を磨くこと。「半年しかない」とは言うものの、半年あれば化ける選手も出てくるのがティーンエイジャーの強み。来年5月、ポーランドで行なわれるU-20ワールドカップにおいて、「世界の基準」で“タレント”と評価される選手がひとりでも多く出てくることを期待したい。
 
取材・文●川端暁彦(フリーライター)