3日、東京競馬場で行われた11R・京王杯2歳ステークス(G2・2歳オープン・芝1400m)で2番人気、武豊騎乗、ファンタジスト(牡2・栗東・梅田智之厩舎)が快勝した。ハナ差の2着に1番人気のアウィルアウェイ(牝2・栗東・高野友和厩舎)、3着にカルリーノ(牡2・美浦・高橋裕厩舎)が入った。勝ちタイムは1:24.7(良)。

【南武特別】武豊オジュウチョウサンが平地2連勝!

デビューから3連勝のファンタジスト

この日の主役はやはり武豊だった。9レースのオジュウチョウサンに続いて、メインレースもファンタジストで勝利。流石の存在感を見せつけた。レースではファンタジストを隊列の真ん中、最内に導き折り合いをつけると、直線で内から抜け出しを図った。先頭に立ったところで更に内から人気のアウィルアウェイが強襲し、ゴール前は首の上げ下げをハナ差制して見事に重賞2勝目を飾った。

ファンタジスト 3戦3勝
(牡2・栗東・梅田智之厩舎)
父:ロードカナロア
母:ディープインアスク
母父:ディープインパクト
馬主:廣崎利洋
生産者:ShallFarm

【全着順】
1着 ファンタジスト
2着 アウィルアウェイ
3着 カルリーノ
4着 ココフィーユ
5着 アスターペガサス
6着 メイショウオニテ
7着 シングルアップ
8着 ラバストーン

※主催者発表のものと照らし合わせください