【JBCレディスクラシック】枠順と見どころ ラビットランは2枠4番

写真拡大

11月4日(日)京都競馬場で行われる、JBCレディスクラシック(3歳上オープン・牝・ダ1800m)の枠順は下記の通り。

デムーロのラビットランはブリーダーズゴールドカップでプリンシアコメータを4馬身ちぎる圧勝。各馬横並びの中でもやや上位の感じもするが混戦模様。ルメールのクイーンマンボは前走、不可解な敗戦だが叩いての上積みがポイント。地方G1完全制覇がかかる、武豊騎手はレディスプレリュードを制覇したプリンシアコメータでチャンス十分だ。芝からの参戦重賞ウィナーのカワキタエンカは戦ってきた相手のレベル高いだけに面白い。

1-1
アイアンテーラー
牝4・浜中俊・飯田雄三

1-2
フォンターナリーリ
牝5・C.デムーロ・中内田充正

2-3
クイーンマンボ
牝4・C.ルメール・中竹和也

2-4
ラビットラン
牝4・M.デムーロ・中竹和也

3-5
ラインハート
牝7・笹川翼・月岡健二

3-6
ジュエルクイーン
牝6・岩田康誠・福永敏

4-7
カワキタエンカ
牝4・池添謙一・浜田多実雄

4-8
ビスカリア
牝6・森泰斗・山内研二

5-9
サルサディオーネ
牝4・丸山元気・羽月友彦

5-10
プリンシアコメータ
牝5・武豊・矢野英一

6-11
リエノテソーロ
牝4・吉田隼人・武井亮

6-12
ブランシェクール
牝5・御神本訓史・藤田輝信

7-13
アンデスクイーン
牝4・松若風馬・西園正都

7-14
ディアマルコ
牝5・佐原秀泰・那俄性哲也

8-15
ファッショニスタ
牝4・大野拓弥・安田隆行

8-16
アンジュデジール
牝4・横山典弘・昆貢