【JBCレディスクラシック】プリンシアコメータ 矢野師「今はデキがいい」

写真拡大

JBCレディスクラシック
プリンシアコメータ

前哨戦のレディスプレリュードを制して駒を進めてきたのはプリンシアコメータ(牝5、矢野)。ここ出走のブランシェクール(2着)やアンジュデジール(4着)、クイーンマンボ(7着)を破ってきた勢いは見逃せない。懸念は前走騎乗したモレイラの手を離れることだが、かわって手綱をとるのが武豊なら不安はないか。

【JBCスプリント】セイウンコウセイ 上原師「久々のダートがどうか」

武豊は地方G1完全制覇がかかる

矢野調教師は「今週はやりすぎに注意して馬なりで追い切りましたが、力強くて大きな走りでしたね。以前よりも成長を感じますよ。京都は春(G景唇贈咤隠叡紂砲防蕕韻討い泙垢、今はデキがいいですし、今回は名手の手綱ですので。うまく輸送さえクリアしてくれれば」と前向きに話した。