【JBCスプリント】セイウンコウセイ 上原師「久々のダートがどうか」

写真拡大

JBCスプリント
セイウンコウセイ

昨年の高松宮記念優勝馬で、今年のG携ヾ曠好廛螢鵐硲咾鮴したセイウンコウセイ(牡5、上原)がダート戦に矛先を向けてきた。未勝利時とはいえ砂戦は4走して〈1300〉。洋芝もこなすパワーから、高い適性を秘めていても不思議はない。

【京王杯2歳S】カルリーノ 高橋裕師「距離が伸びるのもいいイメージ」

ダート戦はパーフェクト連対

上原調教師は「当該週はしっかりやった方がいいタイプなので、今週もビシッと追った。前走は坂のある中山で戸惑いが見られたけど、今回は得意の京都コース。久々のダートがどうかも、気合が乗っているから、ある程度前で運べるのでは。今後の選択肢が広がる走りを」と展望した。