「危険なイスラム主義者」ムハンマド皇太子が死亡した記者を敵視か

ざっくり言うと

  • トルコのサウジアラビア総領事館で10月2日に殺害されたジャーナリスト
  • 米紙は、ムハンマド皇太子が「危険なイスラム主義者だ」と述べていたと報道
  • 事実であれば、皇太子はジャーナリストを露骨に敵視していたことになる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x