藤川京子

写真拡大

 アスターペガサスが前走のレースでごぼう抜きを見せてくれました。あのレースを見た人はこの馬を本命にする事でしょう。私もその1人ですが、1400mになって更に好都合な気がします。しかし、2歳戦なのでまだ本領を発揮していない馬もいるので油断は出来ません。アウィルアウェイも前走のゴール前では逆に抑えた感じで余裕を感じた勝利。ロードカナロア産駒のココフィーユも、前走でスペキュラースに騎乗して差され2着になった戸崎騎手が今回は騎乗しますので、目を付けたのかもしれません。

 そして、武豊騎手のファンタジストが1番人気になりそうです。前走の小倉2歳Sは良い勝ちっぷりでした。この馬もロードカナロア産駒で今回も期待出来そうです。穴は、キンシャサノキセキ産駒のメイショウオニテ。前走は競り勝ったところが好印象です。前に出る事が大切な2歳戦ですから今回も粘るかもしれません。

アスターペガサスとファンタジストの軸が良さそうに思えますが、買い目は念の為フォーメーションにしようと思います。
3連単フォーメーション
1着 7、1
2着 7、1、3、5
3着 7、1、3、5、2

そして、もう一つの2歳戦は京都のメイン。こちらも1400mですが、まだ1戦しかしていない馬も多く難解です。絶好調のCルメール騎手騎乗のレーヴドカナロア。ロードカナロア産駒で前走も2歳戦としては悪くないタイムで勝ってきました。8番のエレナレジーナも同じ札幌1500mで勝ってきましたが、タイムを見比べると1秒も早い決着で勝っています。10m以上の差があるのでレーヴドカナロアの速さがわかると思います。しかし、エレナレジーナは逆に穴かもしれません。この馬だけ産駒が他の馬達と全く違うのです。

 それとベルスールは、前走は超余裕の勝ち方。新潟にしてはそれほど速いタイムではありませんが流して勝った印象で、もしかしたらもっと高いレベルの脚が使える可能性があります。また、ディープインパクト産駒のレッドベレーザはMデムーロ騎手ではなく、弟さんのCデムーロ騎手が騎乗。ディープインパクト産駒らしい勝ち方をして参戦です。ここは、甲乙つけがたいので、ワイドで勝負。
ワイドBOX6、1、9、8