ニセ電話でお年寄りからだましとったカネを運んだなどとして、埼玉県ふじみ野市の宮腰和夫(52)と妻の春美(52)、娘の友梨亜(22)の家族3人が、警視庁に詐欺の疑いで逮捕された。

3人は「他人の口座から現金を引き出す仕事」「コインロッカーに運ぶ仕事」をしただけと供述していて、司会の加藤浩次は「仕事だから運んだだけと正当化しちゃったんだなあ」と犯罪意識のなさにあきれた。

手分けして駅ローッカーを移動

3人は詐欺グループが福井県の80歳女性から宅配便で送らせた現金を、妻が東京・池袋のから巣鴨へ、娘が巣鴨から高田馬場へと駅のコインロッカーを移しかえて運び、夫はグループの報酬分配役をしていた。

妻は「月18万円稼いだが、思い当たることがありすぎて、容疑事実はわからない」と話したそうだ。警視庁はグループの詐欺は少なくとも30件、40億円にのぼると見ている。

キャスターの近藤春菜(お笑いタレント)「家族でやったとは悲しいな」

水卜麻美キャスター「複数の仲間がさまざまなコインロッカーに入れては移していました。他に全体を指揮する人間がいて、分配役の夫も会っていないのではないですか」

菊池幸夫弁護士によると、こうした詐欺は10年以下の懲役、初犯でも実刑の可能性があるという。