「ダート競馬の祭典」JBC3競走(スプリント、クラシック、レディスクラシック)が、2001年の創設以来、初めて中央(JRA)で開催される。

 舞台となるのは、京都競馬場。同日開催の3競走のうち、メインとなるのは、ダート界の一線級が集うJBCクラシック(11月4日/ダート1900m)だ。

 同レースは堅いイメージがあるが、過去5年の結果を見てみると、1番人気は1勝、2着1回、3着1回、着外2回と、意外と振るわない。

 また、これまでJRA勢の出走は最大で7頭だったが、今回はJRAの競馬場で行なわれるため、JRA所属馬の出走頭数が大幅に増える。つまりその分、力のある伏兵馬が加わるということ。波乱の要素がそれだけ増す、と言ってもいいだろう。

 さらに例年はこの時期、JBCクラシックと似た条件の、GIIIみやこS(京都・ダート1800m)が開催されていた(※JBC競走開催のため、今年は休止)。同レースはGIIIだが、JBCクラシックはGI格のレース。出走する各陣営の本気度もみやこSとは比較にならず、熾烈さは一段と増すはずだ。

 そしてもうひとつ、波乱を匂わす特筆すべき点がある。それは、京都・ダート1900mという特異なコースで行なわれることだ。

 そのため、JBCクラシックの予想において、日刊スポーツの太田尚樹記者は「このコース形態と展開がカギになる」と言う。

「京都のダート1900mは、最初のカーブとなる1コーナーまでの距離が約380mと長く、1800m戦に比べて、先攻勢が焦ることなくレースを進められるため、ペースが落ちやすく、先攻有利のコースです。

 ところが、今回のメンバーは、オールブラッシュ(牡6歳)やサンライズソア(牡4歳)、シュテルングランツ(牡7歳)、テイエムジンソク(牡6歳)など、ハナをうかがう馬が多く、スローペースになるとは考えづらいです。ですから、ある程度、自由に立ち回れる”自在性”がほしいところです」

 太田記者が名前を挙げた4頭以外にも、ゲートの出方のよっては、ケイティブレイブ(牡5歳)、テーオーエナジー(牡3歳)、クリソライト(牡8歳)といった面々も、過去のレースぶりから前にいくことが考えられる。

 その結果、必然的に生まれるハイペースにうまく乗じてレースを進められるかどうか。勝負のうえでは、そんなレースセンスも求められそうだ。

 そこで、太田記者が推奨するのは、レース巧者のベテランだ。

「面白いのは、クリソライトです。8歳馬で、しかも1年2カ月ぶりの実戦と、常識的には手を出しづらいんですが、陣営が『雰囲気はすごくいい。一発を狙いたい』と前向きなんです。


武豊騎手騎乗で一発ムードが漂うクリソライト

 復帰が長引いたのは、賞金不足などで前哨戦を使えなかったという事情もあって、その分だけ、しっかりと乗り込んで、十分な調整ができています。7歳の昨年は、4戦4連対(1勝、2着3回)。その走りからは、衰えというより、円熟味を感じます。

 今回、手綱を取る武豊騎手とのコンビでは、昨年のGIII平安S(京都・ダート1900m)で見せた、意表を突く追い込みで2着に入ったレースが印象に残っています。今秋のGIでは、伏兵馬を上位に導いて、立て続けに好配当を演出してきた鞍上が、かなり不気味ですよね」

 武豊騎手とクリソライトのコンビは、7戦して3勝、2着3回、着外1回と好相性。着外となった1回も、距離の短かった2015年のGIかしわ記念(船橋・ダート1600m)で、それでも4着と踏ん張っている。長期休養明けでも、軽視は禁物だ。

 一方、デイリースポーツの大西修平記者は、先行馬がそろったなかで、あえて逃げ馬を推奨する。

「テイエムジンソクです。GIフェブラリーS(2月18日/東京・ダート1600m)で12着と大敗して以降、本来の輝きを取り戻せずにいますが、フェブラリーSは先行馬に不向きな速い流れになってしまったうえ、距離が微妙に不足していたことも影響したのではないでしょうか。

 3走前の平安S(5月19日)の6着は、斤量58kgが響きました。前走、前々走も、地方の深い砂やナイターのレースが災いした印象で、特に前走のGII日本テレビ盃(4着。10月3日/船橋・ダート1800m)は、勝ち馬の厳しいマークに合うなど、展開が向かなかったと思います。

 今年敗れた4戦の敗因はすべて明白。決して悲観する必要はありません。京都は全9勝中、6勝を挙げている得意コース。ひと叩きされて状態は上向いているだけに、好位でリズムよく運ぶ本来の形でレースができれば、反撃は十分に可能と見ています」

 その先行力を武器にして、昨年はGIチャンピオンズC(中京・ダート1800m)で2着になるなど、一気にブレイクしたテイエムジンソク。今年は、年明けのGII東海S(1月21日/中京・ダート1800m)で勝ったあとは不本意なレースが続いているが、急激な衰えは考え難い。”忘れた頃の逃げ馬の一発”には、警戒が必要だろう。

 大西記者はもう1頭、センチュリオン(牡6歳)をオススメする。

「今春は、オープン特別の総武S(3月4日/中山・ダート1800m)、GIIIマーチS(3月25日/中山・ダート1800m)と連勝。それ以来となる前走のGIII白山大賞典(10月2日/金沢・ダート2100m)でも、2着と奮闘しました。

 同レースでは、逃げて快勝したグリムからは離されたものの、約半年ぶりの実戦で、慣れない地方の小回りコースだったことを思えば、上出来。何ら評価を落とす必要はありません。

 以前はスタートに不安もありましたが、好位につけられるようになって、安定して力を発揮できるようになってきました。攻め駆けするタイプではなかったのが、ここに来て動けるようになってきているのも、成長の証でしょう。

 元来叩き良化型で、今回は前走以上に動けるはず。GI初挑戦ですが、今の充実ぶりを考えれば、一発あっても不思議ではありません」 5歳のケイティブレイブを筆頭に、4歳のサンライズソア、3歳のオメガパフュームと、人気どころは比較的若い。特異なコースで、熾烈な争いが予想されるなか、モノを言うのは経験だろう。ここに名前が挙がった、ベテラン3頭の大駆けに期待が膨らむ。