香港長官が「一国二制度」の後退を否定「市民は自由享受」

ざっくり言うと

  • 香港の行政長官は1日、「一国二制度」のあり方への懸念について言及した
  • 「独立した司法制度が強固にしっかりと機能している」と強調
  • 「香港市民はさまざまな自由や権利を享受できている」と懸念を否定した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x