きょう1日(2018年11月)午前0時半、渋谷駅前でハロウィーン騒ぎの警備にあたっていたDJポリスが終電案内を始めた。大竹真リポーターが取材していた。「逆に駅改札口からは仮装した人が降りてきます。人が減る気配はありません」

若い女性は「始発で帰ります」という。1時半、JR駅のシャッターが閉まっても、多くの人がまだ行きかっていた。

けさの渋谷。「ずっとお酒の匂いがただよっています。7時すぎまでパトカーや救急車が走っていました。最後まで騒々しく、警察官がいなければ大変なことになったかと実感します」

アメリカでは子どもたちの静かなお祭り

司会の加藤浩次「これまでで一番人出が多かった感じ。いま、ゴミはどう?」

大竹「見事なぐらいきれいになっています。業者とボランティアが夜通し清掃しました」

加藤「頭が下がります」

なにからなにまで迷惑な連中である。

ハロウィーンは10月31日に収穫を祝い、子供たちが仮装してお菓子をもらって回るお祭りだ。

モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「アメリカではこじんまりしたお祭りです。日本人の中に騒ぎたい欲求があって、外来のハロウィーンと化学反応を起こしました」

加藤「意味も知らないでね。ちょっとおちついてほしいね」