ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める大矢明彦氏

写真拡大

SMBC日本シリーズ2018・第4戦

○ ソフトバンク 4 - 1 広島 ●

<10月31日 ヤフオクドーム>

 10月31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第4戦 ソフトバンク-広島戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、ソフトバンクの初回の中継プレーに「あの中継プレーは本当に大きかったですね」と振り返った。

 先発の東浜巨は初回、一死一塁の場面で広島の3番・丸佳浩に右中間を破られる。それでも、中堅・柳田悠岐、二塁・明石健志の見事な中継プレーで、一塁からホームを狙った菊池涼介にホームインを許さなかった。

 大矢氏は「相手に先に点をやらなかったことが凄く大きかった。カープは見事な走塁をずっとしていましたので、あれをアウトにしたというのは凄く大きかったんですよね」と初回のソフトバンクの中継プレーを評価。

 初回を無失点に抑えたソフトバンクは、3回に上林誠知の2ランで先制すると、その後も追加点を挙げ4-1で逃げ切った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)