武豊騎手

写真拡大

31日、フランスのメゾンラフィット競馬場で行われた5R・セーヌエオワーズ賞(G3・3歳上・芝・直1200m)に、日本からフランスの小林智厩舎に移籍したジェニアル(牡4)が武豊騎手を鞍上に迎えて出走した。

【武豊日記】残念な結果

ジェニアル フランス移籍初戦

ジェニアルは好スタートを切りスタートから先行争いに加わるも、狭い隊列の中で徐々に外に押し出されるような形となり中団馬群の中でスパートを開始。馬群の真ん中から懸命に追われたが少しづつ後退していき、無念の10着敗退となった。勝ったのはアイルランドのシナジージャズ。

【天皇賞・秋】武豊「流れ込んだだけ」マカヒキは後方でのびあぐねる