ノートPC1700万台に発火の恐れ 富士通がソフトウェアの更新を呼びかけ

ざっくり言うと

  • 富士通が過去に発売したノートパソコンのバッテリーに発火の恐れがある
  • 同社は充電の制御をするソフトウェアの更新をするよう呼びかけた
  • 対象となるのは、2010年から2016年に発売された約1700万台だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング