リキュールの香りにうっとり。
お酒風味の大人スイーツが東京で話題!リキュールがスイーツが楽しめるカフェへ。

この冬、ホッと一息のお供にリキュールが効いたスイーツはいかが?今回は、そんな大人スイーツを東京で楽しめるお店をご紹介。おひとりさま、女子友同士やデートでも大満足のお店です。

オレンジとリキュールが香るクレープシュゼット〈ATELIER KOHTA〉/神楽坂

キッチンを囲むカウンター9席すべてが特等席。目の前で吉岡浩太シェフが作るデザートを楽しみに、スイーツ女子たちが連日席を埋める。

シェフのスペシャリテは「クレープシュゼット」950円(税込)。フランスの古典菓子のひとつで、ソースで煮込んだクレープのこと。まず、薄く焼いたクレープを四つ折りにして、オレンジジュースや砂糖と一緒に煮込む。

次に、熱したグランマニエ(オレンジリキュール)を青い炎とともに、らせん状に剥いたオレンジの皮をくるくると伝わせてクレープへと落とす。
オレンジソースでクレープを煮込みつつ、手際よくオレンジの皮を剥いてフランベに。シェフの無駄のない動きにうっとり。フライパンからあがるオレンジの香りがスイーツ欲をくすぐる。

(Hanako1122号掲載/photo:Masanori Ikeda(YUKAI))

リキュール×ソフトクリーム、大人のペアリングを堪能あれ。〈MiLKs〉/恵比寿

オーナーが1年もの歳月を要して開発したこだわりのソフトクリームは、口の中でスッと溶けるさっぱりした後味がやみつきに。

数滴たらすだけで芳醇な味に変化するのを楽しめるリキュールは100種を用意。カカオニブや酒粕パウダーなどのトッピングも自由にどうぞ。2種類のリキュールが選べる「ミルクスプチ」1,280円など。

(Hanako1138号/photo: @6151 text : Mikiko Okai)