徴用工判決に静観の構え?文大統領に「確信犯」と指摘

ざっくり言うと

  • 徴用工をめぐる問題は、1965年の「日韓請求権協定」によって解決している
  • 一方で専門家は文在寅大統領が問題に対して静観の構えを見せていると話す
  • 根底には歴史の見直しへの標榜があり、「確信犯」であると指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x