きょう31日(2018年10月)はハロウィーン本番とあって、東京・渋谷は昼間から厳戒態勢だが、警備の警察官や商店はきのう夜から本番に備えて『リハーサル』をやっていた。

昨夜9時のスクランブル交差点は、信号が青になると警察官が一斉に並び、拡声器で「立ち止まっての撮影はご遠慮ください」「あ、1枚撮りましたね。どうぞご通行をお願いします」と呼びかけていた。

休業の張り紙を出す商店もある。

水卜麻美キャスター「他のイベントならピンポイントの規制でいいのですが、ハロウィーンは当日の本番前から1週間も、昼も夜も仮装した人が押し寄せるためです」

違法行為ビシビシ取り締まれ

大沢あかね(タレント)「お酒を飲んで暴れるのは、立派な犯罪です。女性は最大限注意しないと」

司会の加藤浩次「犯罪行為はすぐ逮捕した方がいい」

松田丈志(競泳元日本代表)「こんなにギュウギュウのところへ行きたがるのは、どうもわからないな。(楽しむのと騒ぐのは)分けて考えないといけない」

加藤「ハロウィーンがなんなのか、わかってやっているのかねえ」