発言が「痴漢擁護」と批判を受ける 藤田ニコルが真意を説明

ざっくり言うと

  • 藤田ニコルは、過去の痴漢被害を仮装していた自分のせいだとツイートした
  • 31日、「痴漢擁護」などと批判を受けて、痴漢が100%悪いとした上で弁明
  • 被害に遭う前に対策した方がいいと伝えたかったと真意を説明している

◆発言の真意を説明する藤田ニコルのTwitter

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x