せっかく流行りの服を着ても、髪が去年のままでは台なし。トータルでオシャレに見せるには、ヘアの更新が不可欠です。とはいえ難しいことはできないし、時間もない!だからこそ、誰にでも作れて即今っぽに見える、くるりんぱに頼るべし!こっくりアイテムが多い秋はラフなヘアアレンジがベストマッチ!

【詳細】他の写真はこちら

清楚なのに今どき感もバッチリ!華やかくるりんぱ



くるりんぱは清楚な反面、上品すぎて地味に見えたり、野暮ったくなる危険も。ハーフアップで毛量を減らしつつ、ねじり目やトップを細かく引き出してルーズなニュアンスを加えることで、可愛くも華やかなルックスに!

清潔感と甘さを兼ね備えたヘアはこっくりチェックとも好相性♡





ブラウス¥9,900/And Couture(And Couture ルミネ新宿店) スカート¥7,990/イェッカ ヴェッカ(YECCA VECCA新宿) イヤリング¥18,000/ジュピター(ジュピター代官山店)

華やかPOINT





巻く代わりに……

アレンジ前に爛錺奪スでニュアンスづけ瓩鬚笋辰討いて!



巻かなくてOK!でも、髪にニュアンスを出さないと、素敵に見せるのは難しい。ワックスを大胆にもみ込んで、ゆるっとした動きをつけつつ、アレンジをしたときのホールド力を高めておいて。

Point!

ホールド力がより強いメンズ用ワックスを使うと、オシャレな毛束感を出しやすい



アックス ブラック デフィニティブ ホールド マッドワックス 65g ¥576(編集部調べ)/ユニリーバ

特にメンズ用のマットタイプが◎!髪をクシャッと握ったときに、そのまま跡が残るくらいホールド力の強いワックスがベストです。

Point!

ただつけるだけじゃダメ!しっかりもみ込むことで巻きナシでもキマる髪に

オシャレアレンジには、髪表面の凹凸感や毛束感が不可欠。これをワックスだけで作るには、髪にしっかりと動きや立ち上がりがつくように、ワックスをもみ込むことが重要です!

まずはサイドから!





パール粒大のワックスを手指の間にのばしたら、いちばん動きをつけたいサイドから塗布。ハチ周り、後頭部と場所を変えつつ、キュッと握り込んでいく。

次にトップ





トップ部分は根元を立ち上げながらワックスをもみ込んで、ひし形シルエットに近づけます。これで頭の形がキレイに見えます。

最後に毛先





毛先はベタッとさせたくないから、手に残ったワックスで軽く握って。サイド→トップ→毛先の順で行うことで、最適な量が必要な場所につけられます。

華やかくるりんぱの作り方



■耳の高さでハーフアップ





耳上の髪を結ぶ。くるりんぱしたときに地肌が丸見えにならないよう、耳にかかるぐらいゆるみをもたせるのがポイントです。でも、留め方がゆるいとアレンジが崩れるため、ゴムはキツめに。後からほぐすので、滑りのいいナイロンゴムが適任。

使うのはナイロンタイプのゴム





■くるりんぱしてからキュッと引き締め





ゴムの上に穴をあけて、上から毛束を通してくるりんぱ。毛先部分を2つに分けて左右に引っ張り、ゆるんだゴムを押し上げます。こうすると左右のねじり目に凹凸が生まれて、ふわっと華やかに。

■指で細かくつまんでほぐす





片手でゴムをおさえたら、もう一方の手でごく少量ずつ毛束を引き出していく。これを左右それぞれ上下3カ所、計12カ所ほど行って。引き出すときは、ゴムの近く→外側へ。こうすると仕上がりがキレイ。

つまむ箇所は矢印を参考にして





AFTERの状態になるまでしっかりほぐして





■トップの毛も細かくつまみ出す





トップは計5カ所ほどつまんでふわっと見せて。つまみ出す高さが低いと凹凸が目立ちにくいから、中央部分はいちばん高くなるよう、1cmぐらい上に指でゆっくりと引き出します。

華やかなくるりんぱが秋コーデにぴったり♡



清楚なくるりんぱは、地味に見えないようにほぐしのひと手間をかけて、ラフに仕上げるのがポイント。ルーズ感を出せば、色もディテールを盛った派手めな秋ファッションの抜け感出しにちょうどいいアレンジに。超簡単アレンジなので、ほぐし方がとっても大事!ここで紹介した丁寧なプロセスを参考に、早速やってみて♡

撮影/西出健太郎[人物]、石澤義人[静物] ヘアメイク/林由香里(ROI) スタイリング/眞鍋かんな モデル/野崎萌香 取材・一部文/北爪佳奈