辛口になりがちな“マットメイク”をかわいい印象にしたい♡ 実は暖色系アイシャドウがおすすめなんです

写真拡大 (全4枚)

この秋冬、大本命のマットカラーのメイクですが、せっかくなら自分に似合ったメイクやなりたいイメージに近付けられる方が嬉しいですよね。

今回は辛口になりがちなマットカラーを使って、可愛い系に仕上げられるメイク方法をご紹介します!

立体感を出してマシュマロみたいな唇に♡



illustration by machi

マットリップの難しい所は「のっぺり」「濃い」印象になってしまう所ですよね。

かわいいカラーのピンクやオレンジでも、ひと色塗りだけだと派手なメイクになってしまうことも。

なので、ちょっとひと手間。用意するのは、



ヌードカラーのリップライナーか、ペンシルタイプのコンシーラー
好みの色のマットリップ
そのリップと肌の間くらいのリップ



です。

グラデーションにすることで、質感はマットなのに柔らかそうな、まるでマシマロのようなふんわりリップに。こんなのかわいくないわけがない!

ただし唇は崩れてしまいやすいので、こまめにチェック&唇の動きをエレガントにすることを心掛けてくださいね。

それがまた女の子らしく、かわいさを倍増させることも…♡

かわいい系マットアイメイク



illustration by machi

マットカラーでアイメイクする場合は、ベージュやブラウンを選ぶと大人っぽく辛口メイクになることが多くなります。

なのでかわいく仕上げるなら、ピンクやオレンジなどの暖色を選ぶのがおすすめ。(ブラウンを選ぶ場合も赤味の帯びたブラウンだと可愛いくなります)

しっかりグラデーションを駆使して、タレ目っぽい仕上がりにして♡

目頭より目尻に重心が行くことで「幼顔」にもなるので、よりかわいい雰囲気を演出できますよ!

マットは“見たまま発色”が魅力的



illustration by machi

最近はプチプラからも、綺麗にグラデーションが出来るアイシャドウパレットや口紅のカラバリも豊富。

マットならほとんど見たままの色が出るので、ぜひ「この色好き!」というだけでチャレンジしてみてください♡

次回は「マットメイクで綺麗系」にするHow Toをご紹介します!