イラスト

写真拡大

 休み明けの分届かなかったか・・・。先週浦和競馬場でおこなわれた「第28回埼玉新聞栄冠賞(SIII)」。本命に推したヤマノファイトは、まずまずのスタートを切ると二の脚速く2番手の位置を取る。道中はがっちりと折り合いが付き、虎視眈々と先頭を狙う。残り600mあたりから急激にペースが上がり、先頭のトーセンデュークに引き離されると、残り400mあたりからは少しずつ差を詰めたものの届かず2着。それでも初の58kgの斤量、休み明けだったことを考えると力のあるところを見せました。次はさらに良くなりそうです。

 さて、今週は「第25回マイルグランプリ(SII)」が大井競馬場でおこなわれます。

 豪華メンバーが揃った今年のマイルグランプリ。本命に推すのは、南関東馬同士ならWBA世界バンタム級王者の井上尚弥のように圧倒的な強さを誇るリッカルドです。前走は中央のエルムS(GIII)へ挑みましたが、流石に中央の猛者達。南関東ではスタートからすんなり先行できるものの、中央ではすんなり先行策とはいかず、中団からの競馬。それでも直線ではヨレてきた馬を交わしながらじわじわ伸びて6着。前々走の帝王賞(Jpn1)では地方馬最先着の4着に敗れましたが、4コーナーから直線に入るところの手応えは、「おっ!」と思わせるもの。上位3頭とは決め手が違いましたが、それでも中央馬4頭に先着し、南関東にリッカルドありというところを見せました。今回は南関東馬同士の一戦。ここでは勝ち負け必至でしょう。

 相手本線は、前々走で復活の勝利を挙げたヒガシウィルウィンです。その前々走は、2番手から直線上がりメンバー中3位の脚を使って抜け出す横綱相撲で復活の勝利を挙げると、次走の日本テレビ盃では5着に敗れましたが、地方馬最先着で6着馬には2秒4差もの大差を付けており、復調してきた今なら、リッカルドと好勝負を演じてくれることでしょう。

 ▲は南関東へ移籍後、複勝圏を外していないオメガヴェンデッタ。

 以下、モンドアルジェンテ、クリスタルシルバーまで。

◎(15)リッカルド
○(7)ヒガシウィルウィン
▲(8)オメガヴェンデッタ
△(16)モンドアルジェンテ
△(2)クリスタルシルバー

買い目
【馬単】3点
(15)→(7)(8)
(7)→(15)
【3連複2頭軸流し】3点
(7)(15)-(2)(8)(16)
【3連単フォーメーション】9点
(15)→(7)(8)→(2)(7)(8)(16)
(7)→(15)→(2)(8)(16)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。