マテラスカイ

写真拡大

11月4日(日)京都競馬場で行われる、JBCスプリント(3歳上オープン・ダ1200m)の登録馬は下記の通り。

ここはマテラスカイのスピードが生きる。前走の東京盃はよもやの4着だったが0.4差。+18キロと敗因ははっきりしている。スタートでもダッシュがそこまで効かず押して先手を奪っただけにややオーバーペース気味だった。前後半34.4-37.7。落差3.3の超ハイペースを引っ張った結果、ラスト1ハロンでパッタリと止まったが、0.4差なら負けて強しと言ってもいい敗戦であろう。体が仕上がっていればオーバーペースでも押し切れる。京都開催というツキも見方してこの馬に流れが向くのでは。

【東京盃】武豊「ラスト意外な甘さが出た」マテラスカイが失速

芝ダート二刀流のネロはここでもスピードは通用。そしてとにかく不気味なのはスプリンターズステークスから転戦レッツゴードンキ。実績なら1番と言っても過言ではない。フェブラリーステークスでも何だかんだの5着まで来ており、あっさり突き抜けるなんて場面も。船橋からは北島三郎さん所有のキタサンミカヅキは3連勝中で軽視は出来ない。発走は日曜15時予定。

アンサンブルライフ 57.0
ウインムート 57.0
キタサンミカヅキ 57.0
キングズガード 57.0
グレイスフルリープ 57.0
コウエイエンブレム 57.0
サクセスエナジー 57.0
スマートアヴァロン 57.0
セイウンコウセイ 57.0
テーオーヘリオス 57.0
ナックビーナス 55.0
ニシケンモノノフ 57.0
ネロ 57.0
ノブワイルド 57.0
ノボバカラ 57.0
マテラスカイ 57.0
モーニン 57.0
ラブバレット 57.0
レッツゴードンキ 55.0