ハロウィン直前の週末のおととい27日(2018年10 月)夜からきのう28日にかけて東京・渋谷は大騒ぎ状態となった。センター街に通りかかった軽トラックが横倒しされるなど一部が暴徒化、暴行や痴漢、盗撮の疑いで5人が逮捕された。

街中に空き缶やビンがちらかり、「毎年のことで、これからもっとひどくなり、営業に支障をきたします」(不動産会社)という有り様だ。

街中に空き缶やビンがちらかり、営業ができない

司会の加藤浩次「いただけないですね。一部のヤカラと思うけど、便乗して騒いでいる。規制も必要ではないですか」

橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「ハロウィンはもっと厳粛なはずで、ある種の群集心理です」

渋谷区は、夜通し騒がずに終電までに帰宅することを呼びかけ、コンビニなど18店にビン入りのアルコール販売を自粛するように求めた。

杉山愛(元テニスプレーヤー)「何かしらルールを作らないと」

小澤征悦(俳優)「楽しむのとマナー破りは違う。ゴミ放置も許されません」

近藤春菜(お笑いタレント)「騒ぐ人がいると、楽しむものも楽しめない」

加藤「ハロウィンにのって悪さをしてやろうというのではないのか。外国人がやめろと止めていて、日本の若者が騒いでいるのだからね」