日常会話からうつ病を見抜くAIが登場、精度は80%超え 米研究

ざっくり言うと

  • 米大学の研究チームが、日常会話からうつ病の兆候を見抜くAIを開発した
  • 診断精度は71%に達し、再テストを実施した場合は精度が83%まで上昇
  • うつ病患者は話すスピードが遅かったり、単語間の間隔が遠かったりするそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x