ミキノドラマー

写真拡大

日曜新潟メーン・ルミエールオータムダッシュは連闘+格上挑戦のミキノドラマーが激走

28日の新潟11R・ルミエールオータムダッシュ(3歳上オープン、芝直線1000メートル)は、菊沢騎乗の7番人気・ミキノドラマー(牡5、南田)がV。3着にも17番人気の伏兵イオラニが入ったことで、3連単は86万9520円の高配当となった。

【天皇賞・秋】ジョッキーコメント

前半は後方でじっくりと我慢して脚を溜める形。少しずつ馬場の外から真ん中へと進路をとると、最後は逃げ粘る1番人気レジーナフォルテを楽々と2馬身差し切った(勝ち時計56秒3)。先週の1000万・飛翼特別3着からの連闘策+2階級の格上挑戦だったが、ハンデ50キロの恩恵を存分に生かしきった。

コンビを組んだ菊沢は「持ち時計がありましたし、50キロでもあったので、格上挑戦でもチャンスはあると思っていました。最後はいい脚を使ってくれましたよ。今後も楽しみです」と笑顔で話した。