サーストンバーラムと菊沢騎手

写真拡大

28日、新潟競馬場で行われた5R2歳新馬(ダ1200メートル)は、サウスヴィグラス産駒の3番人気・サーストンバーラム(牡2、伊藤圭)が制した。

【天皇賞・秋】ジョッキーコメント

互角のスタートから懸命に手綱をしごいてハナを主張。直線に入っても脚色は衰えず、最後は外から迫った藤田菜七子騎乗の1番人気・クールティアラに1馬身半差をつけてフィニッシュした。

騎乗した菊沢は「稽古に乗った時から、能力の高さは感じていました。あとはスタートを決めて、揉まれないように運べればと思っていたんです。いい内容でしたね。最後も余裕たっぷりでしたし、今後も楽しみです」と満足そうに振り返った。