雨脚が強くなった終盤、勝利を決定付けたのがこの宮代の一撃。チーム最多の4ゴール目をマークした。写真:佐藤博之

写真拡大

 インドネシアで開催中のU-19アジア選手権は日曜日に準々決勝を消化。U-19日本代表は地元インドネシアとの一戦に臨み、6万大観衆の大声援と激しい雨に苦しみながらも、2-0の快勝を飾った。2大会連続でベスト4進出を決めるとともに、来年ポーランドで行なわれるU-20ワールドカップへの出場権を手中に収めた。
 
 選手たちと同様に悔しさを滲ませたのが、インドネシアのメディアだ。40年ぶりのU-20ワールドカップ出場の夢を絶たれ、さすがに落胆の色が隠せない。地元紙『The Jakarta Post』の電子版はマッチレポートを掲載。母国代表チームの健闘を称えつつも、日本の試合巧者ぶりが際立っていたと報じている。
 
「我らが若き代表チームは、U-19アジア選手権の準々決勝で日本に屈した。素晴らしい快進撃でファンを歓喜させてきた彼らの旅は日曜の夜に終わり、ワールドカップへの夢も絶たれたのだ。終わってみれば、日本の試合運びの巧さにやられた。6万人の観衆の大半が赤いジャージを着込み、耳をつんざくような大声援を贈り続けたが、ゲームを支配し続けたのは日本だったのである。質の高いパスワークとボールポゼッションを駆使し、幾度となくインドネシアのペナルティエリアを蹂躙。守ってはある程度までは踏み込ませてくれるが、最後の防波堤が屈強で、なかなかチャンスを掴ませてくれなかった」
 
 日本は40分に東俊希が目の覚めるようなロングショットを決めて先制。後半は雨脚が強くなったこともあり、押し込まれる時間帯もあった。そして68分にこの日最大のピンチを迎える。相手選手の鋭い直接FKに枠を捉えられあわやの場面を創出されるも、GK谷晃生がファインセーブでこれを阻止。その2分後、久保建英のパスから宮代大聖が追加点を奪い、勝利を決定付けたのである。
 
 同紙は「ミヤシロの2点目が大観衆を黙らせた」と綴り、「勢いを削がれたインドネシアにはもはやそこから盛り返す余力がなかった。特大のダメージを与えたのだ」と評した。
 
 完全アウェーの難関を打破した影山ジャパン。月曜日に行なわれるサウジアラビア対オーストラリア戦の勝者と、準決勝で相まみえる。