【紅葉S】レッドオルガがゴール前強襲!デムーロの落ち着いた捌きが際立つ

写真拡大 (全2枚)

28日、東京競馬場で行われた10R・紅葉ステークス(3歳上1600万下・ハンデ・芝1600m)で2番人気、M.デムーロ騎乗、レッドオルガ(牝4・栗東・藤原英昭厩舎)が快勝した。クビ差の2着にウインフェニックス(牡7・美浦・奥平雅士厩舎)、3着にダノンアイリス(牝5・美浦・尾関知人厩舎)が入った。勝ちタイムは1:33.2(良)。

1番人気でJ.モレイラ騎乗、ミュージアムヒル(牝3・美浦・古賀慎明厩舎)は、4着敗退。装蹄師/西内荘担当馬のネオスターダムは6着となった。

【カシオペアS】良血エアウィンザー3連勝を決める!8戦連続連対

直線馬群を落ち着いて捌いたデムーロ騎手

レッドオルガとデムーロ騎手

デムーロは落ち着いていた。直線に向いて前にも横にも馬の隊列が並び、ギリギリまで進路を探しながらの攻防になった。レッドオルガは最内でしっかりと脚を溜めていたが、直線捌くのに一苦労。徐々に外に持ち出し追い出しにかかったのはラスト1ハロン手前から。そこから目の覚めるような末脚を繰り出し、まとめて先行各馬を撫で切りにした。レースの上がりがラスト11.5で、レッドオルガ自身は10秒台後半でまとめた可能性が高い。馬の能力の高さゆえに可能な芸当で、オープンでも十分やれる末脚を披露した。

レッドオルガ 10戦5勝
(牝4・栗東・藤原英昭厩舎)
父:ディープインパクト
母:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
馬主:東京ホースレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 レッドオルガ
2着 ウインフェニックス
3着 ダノンアイリス
4着 ミュージアムヒル
5着 サトノグラン
6着 ネオスターダム
7着 バティスティーニ
8着 キャプテンペリー
9着 チャンピオンルパン
10着 セセリ
11着 ウエスタンメルシー

※主催者発表のものと照らし合わせください