27日、京都競馬場で行われた9R・萩ステークス(2歳・オープン・芝1800m)で圧倒的1番人気、M.デムーロ騎乗、サートゥルナーリア(牡2・栗東・中竹和也厩舎)が快勝した。1.3/4馬身差の2着に2番人気のジャミールフエルテ(牡2・栗東・大久保龍志厩舎・担当装蹄師/西内荘)、3着にセグレドスペリオル(牡2・栗東・宮本博厩舎)が入った。勝ちタイムは1:49.6(稍重)。

尚、3番のブレイキングドーンは馬場入場後、放馬のため競走除外となっている。

【アルテミスS】武豊シェーングランツ が大外一気の差し切り!

兄弟にエピファネイア、リオンディーズ

圧倒的1番人気に支持されたサートゥルナーリアが新馬、特別と連勝を決めた。デビュー前から調教での動きが飛び抜けていた同馬はすぐに評判となった。久々となった今回も完勝。前半こそ行きたがる場面もあったが、直線入り口から最内を伸びて楽々押し切った。

サートゥルナーリア 2戦2勝
(牡2・栗東・中竹和也厩舎)
父:ロードカナロア
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 サートゥルナーリア
2着 ジャミールフエルテ
3着 セグレドスペリオル
4着 クオンタムシフト
5着 アカネサス
6着 ルモンド
7着 パーティーアニマル
除外 ブレイキングドーン

※主催者発表のものと照らし合わせください