27日、京都競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝2000m)で1番人気、C.ルメール騎乗、アックアアルタ(牝2・栗東・清水久詞厩舎)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にミトノマルーン(牡2・栗東・大橋勇樹厩舎)、3着に2番人気のサトノライジン(牡2・栗東・南井克巳厩舎)が入った。勝ちタイムは2:05.1(稍重)。

【アルテミスS】武豊シェーングランツ が大外一気の差し切り

ルメール騎手が4レースに続き新馬戦連勝

アックアアルタは1000mを63秒9と超スローで流れたが位置どりは後方3番手から。勝負どころから手が動き始め追いかけ始めるも、各馬余力十分で前との差は中々つまらなかった。残り1ハロンあたりから前をパッタリと止まってしまい、ゴール前アックアアルタが外からまとめてかわしてしまった。

アックアアルタ 1戦1勝
(牝2・栗東・清水久詞厩舎)
父:ブラックタイド
母:アガルタ
母父:キングカメハメハ
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 アックアアルタ
2着 ミトノマルーン
3着 サトノライジン
4着 カズマークセン
5着 レイズアフラッグ
6着 ショウナンパルコ
7着 ロードボヌール
8着 ユーバーファル
9着 クレイヴ

※主催者発表のものと照らし合わせください